大学入試センターのリスニング

機器がうまく作動しなかったなどで、大学入試センター試験の時に何かと話題になるリスニングですが、この試験対策をどうすればいいのかわからないという話をしばしば聞きます。
リスニングですが、本文を文章にしてみると短文で構造自体もシンプルです。
ところが英語を聞きなれない日本人にとって、ものすごくスピーディに情報が一気に出てくるので、パニックを起こして取りこぼすケースが多いです。
目で見て文章を確認できない、耳で聞いたことがすべてなのでプレッシャーに感じます。

リスニングの教材で聞いた言葉が分からなくてテキストを確認したら、「なんだこのことか」ということもしばしばあるはずです。
しかしこのように聞いた言葉を日本語の意味に起こす作業はどうしても時間がかかってしまいます。
その間にテープはどんどん先の話に進んでしまって、何を言っているのかわからなくなります。
大学入試センターのリスニング試験に対処するためには、意味を置き換えるなどはせずに英単語のまま頭に入れる作業に慣れることが大事です。

そのためには、とにかく英語を聞くことに慣れることが大事です。
大学センターようにテキストの中には副教材として、CDのついているものもあります。
このようなCDを聞いて、英語を聞く耳に変えていくことが重要です。
そのためには、短期間で集中して行うよりも、短い時間でも長期にわたって、毎日継続して聞き続けた方が高い効果も出るでしょう。
何度も聞いていると、英文の聞き方をマスターできます。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

SNSでもご購読できます。