大学入試センターと鉛筆

マークシート形式で実施される大学入試センター試験は、もう一つ気を付けるべきポイントがあります。
それは鉛筆を使って解答する点です。
学生の中には、普段あまり鉛筆を使用しない人も多いでしょう。
この場合、鉛筆を使うことに慣れておくのも、意外と重要なセンター対策になります。

シャーペンでも構わないのではないか、このように思う人もいるでしょう。
実際シャーペンでマークして、機械が読み取ってくれず0点になったという話はあまり聞きません。
ただし万が一という事態を考えると、鉛筆でマークシートは回答した方が安心ではあります。

センター試験当日の鉛筆ですが、BもしくはHBのものを準備しましょう。
これ以上柔らかいと他の問題を解いている時に手でこすってしまい、黒ずんで汚れてしまいます。
またあまり太い鉛筆を使うと、数学の時計算する際にやりにくいです。
また多めに鉛筆を持参することです。
落とした場合、試験官が拾ってくれるはずですが、大きな試験会場になると気がついてもらえない恐れもあるからです。
鉛筆削りは何問もマークする場合、欠かせないアイテムです。

普段鉛筆を使っていない人は、試験が近づいてきたら鉛筆で問題を解答することに慣れておきましょう。
持った感じ、書き味に慣れていないと気になるものです。
センター模試を実施している予備校が多いですから、こちらに参加して鉛筆を使って問題を解く習慣をつけておくことは本番につながります。
このような些細なことにケアできるかどうかも、点数に影響を及ぼします。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

SNSでもご購読できます。