センター試験対策

大学入試センター日本史Bの対策

センター試験の地歴科目の中では、例年特に平均点の振るわない日本史B。
いざ受験生になり、何らかの地歴科目の受験が必要ということになって、「世界史は範囲が広すぎて厳しい」「かといって、地理も対策が難しそう」となり、消去法で日本史Bを選択する方も多いようです。

世界史B同様、私大受験でも日本史を使う文系受験生であれば、基本的には私大対策をする中で、センター試験にも活きる基本的な知識が身につきます。
ここでご紹介するのは、あくまでセンター日本史Bの勉強法です。

インプットとアプトプットの繰り返しで基礎力UP

センター日本史Bの勉強法の基本は、「教科書で勉強した知識の習得」にあります。
よって、まずは教科書の内容を確実に紹介することが重要になります。

この場合、教科書を読むのみで理解できるのであれば良いのですが、実際にはただ読むだけで重要事項を覚え込むことは難しいものです。
教科書の内容をさらに読みやすくまとめた『実況中継シリーズ』や用語集の活用はもちろん、実際に問題を解くことで出題傾向を把握し、狙われやすい事項を押さえることも大切です。

問題演習というと、試験対策の終盤に取り組むものといったイメージがあるかもしれませんが、出来ればなるべく早期から行うのが得策です。
「センター日本史Bの出題傾向に慣れる」といった意味もありますが、問題を解くことで教科書を読んで分かったつもりになっていた部分、つまり「知識の穴に早い段階で気が付くことができる」というメリットもあるからです。

年号とイベントの丸暗記ではなく、必ず「背景」にも注目

センター日本史Bでは特定の歴史的出来事について深く問われることがないため、勉強法としても「ポイントとなるイベントとその年号を覚えること」に終始しがちです。
しかしながら、こうした暗記の仕方では知識の定着を図ることは難しいと言えます。

歴史的出来事を覚える際には、「なぜそれが起こったのか」、「どこで起こったのか」、「その結果どうなったのか」までをセットでまとめておくと、覚えやすくなると同時に忘れにくくもなります。
さらに、私大の日本史対策にもつながります。

なかなか骨の折れる作業ではありますが、反復によって着実に定着させていくことが重要。
日本史に限らず、地歴科目は継続的に毎日コツコツ取り組むのが得策です。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

大学入試センター世界史Bの対策

数あるセンター試験科目対策において、世界史Bの勉強に苦労している受験生はおそらく少なくないのではないでしょうか?
ただでさえ試験範囲が膨大で、対策に難儀する世界史。
文系受験生であれば私大入試の受験科目でもあり、こちらではかなり突っ込まれた内容の出題がありますから、対策の中心はどうしても私大を見据えた世界史Bの勉強になるでしょう。

もちろん、私大入試に対応できるほどの実力が身につけば、センター世界史Bの勉強法にはさほど躍起にならずとも本番で高得点をとることができると思います。
ですが、「あくまでセンター世界史の勉強法が知りたい!」という受験生のために、ここではあえてセンター世界史に的を絞った対策について、お話しすることにしましょう。

教科書の知識を中心に、全範囲を偏りなく

これは世界史に限って言えることではありませんが、センター試験対策の基本は「教科書」です。
まずは教科書の内容をしっかり読み込み、全範囲について“広く・浅く”の知識の習得が必須となります。

私大入試の世界史の場合、「この学校は現代史からの出題が少ないから」「古代はさほど重要じゃないから」等、受験校に応じた出題傾向が顕著にあるものです。
一方でセンター世界史Bでは基本的に古代から現代史まで、全範囲から出題がありますから、私大対策とは別に、偏りのない学習を心がけることが重要です。

地図問題には要注意

センター世界史Bの勉強法に取り組む上では、「地図問題」対策を欠かしてはなりません。
この分野は比較的出題頻度が高いにもかかわらず、受験生がつい疎かにしがちなポイントです。

注目すべきは、歴史的な舞台となった「都市の位置」と各勢力の「支配領域」
教科書の文章で覚えている都市名でも、いざ「地図上でどこか?」を問われるとイマイチ把握しきれていないケースはあると思います。

また、時代の変遷に応じた支配領域の変化も、しっかり見ておくと本試験で役立つでしょう。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

大学入試センター国語の対策

国語で得点を伸ばすなら、とにかく文章を読み、慣れること。
ひと昔前であれば、受験指導でもこのようなことが言われていた時代がありました。

しかしながら、受験まで時間がある高1、2生であればまだしも、限られた時間で効率良く合格を目指したい高3生や浪人生であれば、そう悠長なことは言っていられません。

センター試験国語で高得点をとるための勉強法を検討する上では、一般的に言われている「国語力の育成」とは異なる対策が必要となるのです。

選択式解答の基本は“消去法”

センター国語の特徴といえば、「解答に記述式がなく、選択である」点です。

特に現代文の勉強法を考える上ではこのポイントをしっかり心に留め、消去法で選択肢を選びとる訓練に努める必要があります。
幸い、センターレベルの国語であれば、絞り込みに微妙な肢がいくつも出てくることはありません。
たいていの場合、2択までには容易に絞ることができるようになっています。
最後の2択については、落ち着いて選択肢を比較検討することで判断します。
一見正しいことを書いていると思える場合でも、よくよく読み込んでみると矛盾があったり、本文とは異なることを指していたりすることもあります。
この点については、限られた時間内にいかに冷静に選択肢を吟味できるかが、得点を大きく左右することになるのです。

これらを踏まえてセンター国語の勉強法を考えるのであれば、「選択式の解答に慣れること」を重視し過去問演習に努めることが最重要であると言えます。

現代文の場合、選択肢の書かれ方には特徴がありますから、ある程度パターンで慣れておくと本試験上スムーズです。
また、古文、漢文については、教科書に出てくるような基本的な知識を確実にしておくことで、得点を伸ばすことができるでしょう。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

センター試験各科目の平均点

そこそこの進学校では「センター試験では各科目でも最低8割!」などと言われますが、そもそもこの「8割」の得点率を達成するのは一般的に考えて容易いことなのでしょうか?それとも難しいことなのでしょうか?

この問いの答えを導き出す上では、センター試験の平均点に注目し、そのラインとの距離から考えるのが最もスムーズです。さっそく、各科目の平均点を見てみることにしましょう。

国公立大や中堅以上のセンター利用私大受験者の目標は「平均ライン+20点」

センター試験の平均点は、独立行政法人大学入試センターのWEBページにて、各年度、各科目のデータ詳細がまとめられています。

独立行政法人大学入試センター『 過去のデータ > 過去の試験情報 』

平成29年2月現在、平成20年度から28年度試験までの受験情報が掲載されています。
受験年度や科目で差が生じることはあれど、ざっと見る感じでは【平均点は60点程度】と読み解くことができるでしょうか。
このラインを基準に、志望大学のレベルに応じた目標点を検討することになります。

特にセンター試験の配点の高い地方国公立大やセンター利用私大を受験する場合、「全科目8割」が目安とされるわけですが、これは「平均点+20点」となり、どんな受験生にも用意に目指せるラインとは言えません。
教科書レベルのごく標準的な内容は、問題なく理解出来ていることが必須となります。

センター試験地歴科目で平均点に大きな開きがあり

センター試験における各科目の平均点を見ていると、年度によっては地歴科目で大きな差が生じていることが分かります。

このような状況が明らかであれば、「やはり地歴は平均点の高い科目で勝負した方が良さそうだ」と考える受験生もいるでしょうが、一概に平均点の高低のみで選択するのは得策ではありません。
あくまで自分の得手不得手を元に、受験する私大の一般入試での出題傾向までを視野に入れ、総合的に判断するべきです。

ちなみに、センター試験の地歴科目については科目に応じて平均点に20点程度開きが生じた場合には、得点調整が入ることもあるようです。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

大学入試センター英語試験の対策

大学入試センターの英語の試験ですが、難易度は決して高くありません。
国公立大学の二次試験の過去問を解いてきた人にとって、少し簡単すぎるのでは、と思うかもしれません。
だからこそ注意しないといけないのは、ケアレスミスです。
大学入試センターの英語の問題は、いかにケアレスミスを少なくするか、確実に正解を積み重ねていくかがポイントです。

特にミスの中でも痛いのは、マークミスです。
せっかく問題の解答が分かっているのに、マークする箇所を間違えて失点するのは後々ダメージになります。
またセンターの問題の中には、一瞬受験生を迷わせるような問題が出てきます。
例えば選択肢の中で、「これも言わんとしていることは大まかな部分であっている」とか「見方を変えるとこれもアリなのでは?」といった解答の掲載されている問題もあります。
このような選択肢の迷いで時間をロスしてしまって、全部解くことができずに終了してしまうパターンもしばしばみられます。

これはいずれも、センターの問題形式に慣れていないことが大きいです。
もしセンターの問題でミスが多い、問題を解くときに迷ってしまうのであれば、過去問を解きましょう。
大学入試センター試験の場合、時期が近付くと予想問題が予備校などで配布されます。
予想問題の対策も大事ですが、センター試験に慣れるためにはむしろ、過去問を解くことをお勧めします。
国語も似たような微妙なニュアンスの問題が出題されることがありますから、注意が必要です。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

大学入試センター模試で点数が取れない

記述式の試験で数学の成績はそれなりに出ている、でも大学入試センター模試だと思ったような結果がついてこないケースもあります。
なぜこのような状態になるかというと、センターの問題形式に慣れていない、時間切れになってしまう、時間を気にして焦ってケアレスミスをしてしまうなどが考えられます。
しかしいずれの理由にしてもテクニカルな事情なので、それほど心配する必要はありません。

このようなセンター模試の点数が伸びないのであれば、解くスタイルを変えてみることです。
もし時間が足りなくて全部の問題を解き切れないのであれば、時間配分をまず考える癖をつけることです。
そしてどれなら確実に解けるかをチェックして、そこから問題を解くことです。
一瞬わからずにつっかえてしまうのであれば、その問題は後回し、場合によっては捨てるくらいの気持ちを持ちましょう。
ケアレスミスが多いのであれば、検算を素早く行う練習をしましょう。

このようなテクニックは、とにかく何度も問題を解くことが大事です。
そのためにオススメの方法として、過去問を何度も解くことです。
センター試験の過去問を解くことによって、どのような流れで問題が出るのか、出題傾向がどうなっているかを把握できます。
二次試験の問題でそれなりの成績の出ている人は、センター試験の問題で答えを見てもどうしてそうなるのかわからないということはないはずです。
あわてずにセンターの出題形式に慣れることが大事です。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

大学入試センターと数学の勉強法

数学の試験対策をするにあたって、皆さんがどのような大学を受験しようと思っているかによって対策のアプローチが変わってきます。

75108716352712a126f8df84d3c880a6_s

センター試験でだけ数学が必要な人と二次試験でも数学を受験する人で、やり方は違ってきます。

大学入試センターだけで数学が必要な人であれば、初心者レベルの参考書を繰り返し勉強するのがオススメです。

しかしもし二次試験でも数学を受験する予定があれば、二次試験の難易度に合わせた数学の試験対策をすべきです。

青チャートと呼ばれる参考書がありますが、今も昔も数学の入試対策では重要なアイテムです。

この青チャートを何度も読んで問題を解くだけでも、数学の学力をアップさせることが可能です。
もし青チャートの内容が分からず、なかなか前に進まないというのであれば、少しレベルの低い白チャートの勉強をしてみましょう。

二次試験でも数学を受験する予定であれば、二次試験をベースにして試験対策をすることです。

そして大学入試センター試験の対策は、試験前2か月くらいの短期集中で勉強しましょう。

センター試験対策ですが、過去問をベースにして学習を進めることです。
できれば5年分くらいのセンター試験の過去問を解くのがオススメです。

二次試験は記述式、センター試験ではマークシート方式の問題形式になります。

二次試験の対策では記述対策が中心となりますが、大学入試センターはマークシートになり解答形式が変わるので、いい気分転換にもなるでしょう。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

大学入試センターリスニングはまず過去問

大学入試センターのリスニング対策をするためには、過去問を解くことが何よりも大事です。

実はネット上で、過去問が紹介されています。
問題や解答はもちろんのこと、音声やスクリプトなどもアップされています。
無料で利用できるサイトもありますから、どんどん活用しましょう。

84d537333ee21b8f7e8bde7c1e0297c7_s

過去問を解くときに大事なのは、何回も繰り返し問題を解くことです。

まずは普通の試験の感じで、音声を聞いて答えます。そして答え合わせしてみましょう。
おそらく何題か間違っている個所が見つかるはずです。
そしてその問題の音声を何度も聞くことです。
この時スクリプトもあるにはありますが、見ないで聞き、そして内容を理解することです。

続いて、スクリプトを見て間違った問題を音読しましょう。

リスニングで音読する必要があるのかと思う人もいるでしょうが、音読した方が自分の耳で聞き取れるのでより頭に入っていきやすいです。

目安としては、3回くらい一つの問題で音読するのがオススメです。
そして最後にもう1回普通の試験のように、問題を解いていきましょう。

リスニングは小手先のテクニックなどではなかなか点数を稼げません。
何度も英会話を聞いて、耳を英語に慣れさせることが大事です。

時間があれば、間違った文章を聞いて、書き起こしてみる作業をしましょう。よりリスニング力をアップできるはずです。
中にはわからない英単語も出てくるかもしれません。

その場合でも聞いたニュアンスでカタカナやローマ字表記にしてみましょう。これでも十分効果はあります。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

大学入試センターのリスニング

機器がうまく作動しなかったなどで、大学入試センター試験の時に何かと話題になるリスニングですが、この試験対策をどうすればいいのかわからないという話をしばしば聞きます。
リスニングですが、本文を文章にしてみると短文で構造自体もシンプルです。
ところが英語を聞きなれない日本人にとって、ものすごくスピーディに情報が一気に出てくるので、パニックを起こして取りこぼすケースが多いです。
目で見て文章を確認できない、耳で聞いたことがすべてなのでプレッシャーに感じます。

リスニングの教材で聞いた言葉が分からなくてテキストを確認したら、「なんだこのことか」ということもしばしばあるはずです。
しかしこのように聞いた言葉を日本語の意味に起こす作業はどうしても時間がかかってしまいます。
その間にテープはどんどん先の話に進んでしまって、何を言っているのかわからなくなります。
大学入試センターのリスニング試験に対処するためには、意味を置き換えるなどはせずに英単語のまま頭に入れる作業に慣れることが大事です。

そのためには、とにかく英語を聞くことに慣れることが大事です。
大学センターようにテキストの中には副教材として、CDのついているものもあります。
このようなCDを聞いて、英語を聞く耳に変えていくことが重要です。
そのためには、短期間で集中して行うよりも、短い時間でも長期にわたって、毎日継続して聞き続けた方が高い効果も出るでしょう。
何度も聞いていると、英文の聞き方をマスターできます。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

大学入試センターと鉛筆

マークシート形式で実施される大学入試センター試験は、もう一つ気を付けるべきポイントがあります。
それは鉛筆を使って解答する点です。
学生の中には、普段あまり鉛筆を使用しない人も多いでしょう。
この場合、鉛筆を使うことに慣れておくのも、意外と重要なセンター対策になります。

シャーペンでも構わないのではないか、このように思う人もいるでしょう。
実際シャーペンでマークして、機械が読み取ってくれず0点になったという話はあまり聞きません。
ただし万が一という事態を考えると、鉛筆でマークシートは回答した方が安心ではあります。

センター試験当日の鉛筆ですが、BもしくはHBのものを準備しましょう。
これ以上柔らかいと他の問題を解いている時に手でこすってしまい、黒ずんで汚れてしまいます。
またあまり太い鉛筆を使うと、数学の時計算する際にやりにくいです。
また多めに鉛筆を持参することです。
落とした場合、試験官が拾ってくれるはずですが、大きな試験会場になると気がついてもらえない恐れもあるからです。
鉛筆削りは何問もマークする場合、欠かせないアイテムです。

普段鉛筆を使っていない人は、試験が近づいてきたら鉛筆で問題を解答することに慣れておきましょう。
持った感じ、書き味に慣れていないと気になるものです。
センター模試を実施している予備校が多いですから、こちらに参加して鉛筆を使って問題を解く習慣をつけておくことは本番につながります。
このような些細なことにケアできるかどうかも、点数に影響を及ぼします。

≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫